防水工事の基礎知識

防水に関する基礎知識をご紹介します

ご自宅の老朽化に伴い、家のあちこちで漏水が見られるなど、水のトラブルにお困りではありませんか?防水工事をご検討中でしたら、どの施工が最適かどうかを知るために、まずは基礎知識について学びましょう。

防水工事には「アスファルト防水」「塩化ビニル系シート防水」「合成ゴム系シート防水」「ウレタン防水」「FRP防水」、そしてワールドVANがオススメする「NP防水(工法)」があります。それぞれに特徴があり、施工する建物の部位や環境、さらに用途、予算などによって選ぶべき施工が異なってきますので、よく吟味したうえで選択することが重要です。

防水工事の特徴と分類

防水工事とは、傾斜の少ないフラットな屋根(陸屋根、屋上、バルコニー、ベランダなど)において、漏水などの防止を目的に防水層を設置する工事です。資材の組み合わせや選択、予算や用途・環境などの条件によって工法は異なります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、適切なものを選ぶようにしましょう。

防水工事が必要な場所とは?

防水工事は主に降雨水を防ぐために施工されます。しかし、部位によって求められる精度や強度はさまざまです。ここでは主に建物のどの部分に、どのような防水が必要かをご紹介します。

(1)屋根・屋上 降雨・日射をさえぎる、生活環境を守るために重要な部位です。「気密」「断熱」「遮音」などの機能も必要。保護仕上げ層は用途によって適切なものを選択します。
(2)バルコニー 外壁から突出した、室内の延長という感覚で使用する屋外の床のことです。階下には部屋がある場合も多く、これをルーフバルコニーと呼びます。歩行用の保護仕上げが必要となります。
(3)ベランダ 外壁に張り出した縁のことです。保護仕上げは歩行用を考慮しますが、階下も同じつくりであれば軽微なものでも問題ありません。
(4)開放廊下 共同住宅などにみられる、居住者などが共用で利用する廊下のことです。基本的には歩行用の保護仕上げになりますが、階下も同じような開放廊下であればより軽微なものでも問題ありません。
(5)外壁 建物の外側の壁のことです。場合によってジョイントの雨仕舞、目地防水が重要になります。クラック問題のある現場打ちコンクリート外壁の場合は全面防水が必要です。
防水工事の分類

防水工事は施工形態と工法によって分類できます。それぞれに特徴がありますので、適所で使い分けることが必要です。ここでは代表的な5つの工法について簡単にご紹介します。ワールドVANがオススメする「NP防水(工法)」については別ページにて詳しい解説をします。

施工
形態
工法 分類 特徴
複合 アスファルト防水 熱工法/トーチ工法/常温工法 アスファルトを合成繊維不織布に含侵・コーディングし、シート状にした後ルーフィングを張り重ねて形成を行う工法です。構成される防水層は水密性に優れ、「露出仕上げ」「押えコンクリート仕上げ」「屋上緑化」などさまざまな仕上げができるのが特徴です。
張付 塩化ビニル系シート防水 接着工法/機械的固定工法 シート状の塩化ビニル樹脂系を材料とし、防水層を構成する工法です。素材自体が多彩な着色を施され、耐久性が高いことが特徴。そのため保護塗装が不要になり、維持管理のコストダウンにつながります。
合成ゴム系シート防水 接着工法/機械的固定工法 防水層をシート状の合成ゴム系材料1枚で構成する工法です。ALCパネル下地との相性が良く、併用することで特性を活かすことができます。ただし、防水層自体が薄いので鳥のついばみなどに弱いことも特徴です。
作成 ウレタン防水 密着工法/通気緩衝工法 液体状のウレタン樹脂を塗布し、化学反応によって硬化させることで、ゴム状で弾性のある防水層を形成する工法です。複雑な形状の場所でも完全な防水膜を加工できるのが特徴で、材料・工法を選択することにより、さまざまな用途に対応が可能です。
FRP防水 FRP防水工法 繊維強化プラスチックを材料とする防水工法です。耐衝撃性に強く、耐水性や成型性も良好。さまざまな用途に利用することができます。ただし、硬度が高く下地との接着力も強いので、地震などによって割れが発生することもあります。
ワールドVANがオススメする NP工法 についてはこちらから
Pick UP!<br>施工形態のそれぞれの特徴

膜の施工には「複合」「張付」「作成」の3種類がありますが、それぞれに特徴を持っています。複合の場合は、品質が下地の精度によって左右されるため、膜厚の管理が重要です。「張付」はジョイントと呼ばれる継ぎ目ができるため、段差処理について注意をしなくてはなりません。「作成」は塗膜とシートの欠点を互いに補い合いますが、同時にそれぞれの欠点を併せ持っているとも言えます。行いたい防水に合わせて、適宜選択することが大切です。

PAGETOP