漏水の原因と止水工事

コンクリートに漏水点が発生する原因と予防、止水工事

コンクリートの漏水はさまざまな原因で起こります。適切な改修を行わなければ、大きなトラブルにもつながり兼ねません。まずはなぜ漏水が起こるのかを把握し、対策について考えることが重要です。こちらのページでは、NP工法をオススメする「ワールドVAN」がコンクリート漏水の原因と止水工事についてご紹介します。

止水措置には予防と都度の2種類の考え方がありますが、その建物によって最適な方法がありますので状況を把握・判断し、対応するようにしましょう。

コンクリート漏水の危険性

コンクリートの漏水を放置すると、さまざまな悪影響が建物におよびます。まずは雨水などが建物内に流れ込み、居住者や利用者の生活環境に重大な問題をもたらします。また、建物の管理に必要な機材などが故障し、正しい運用ができなくなるだけでなく、修理費用などが必要となります。さらに漏水の原因となったクラックを放っておくと鉄筋が爆裂や「アルカリ骨材反応」の促進が起こり、躯体の強度低下にもつながります。

なぜ漏水が起こってしまうのか?

本来コンクリートは不透水性と言えます。それにもかかわらず漏水が起こってしまうのは、漏水点と呼ばれる箇所ができてしまうからです。一般的に漏水点ができる理由は以下のようなものがあります。

漏水点ができる原因
施工時
接合部からの漏水

コンクリート工事を行う場合、どのような工法を用いたとしても、必ずできてしまうのが接合部です。流し込みの場合には周囲に、板を並べる場合には全ての合わせ目に接合部ができます。完全に隙間をなくすことは難しいため、ここが漏水点となってしまうのです。

施工欠陥部からの漏水

本来は欠陥があってはいけないのですが、現実のコンクリート工事の場合には施工時に「クラック(ひび割れ)」や「ジャンカ(不十分なコンクリートの充填)」が発生してしまいます。これらは全て漏水点になり得ます。

施工後
経年による腐蝕(ふしょく)

特に雨ざらしとなっているコンクリートは年月が経つことにより腐蝕が進み、全面的に透水・吸収します。雨には酸が含まれており、これがコンクリート内の複合カルシウム塩と反応することで、コンクリートの腐蝕を引き起こします。

不測事態によってできる漏水

地震や地盤沈下、熱膨張など不測の事態によってコンクリートに大きな負荷がかかり、クラックを発生させる場合があります。その場合は、どんなにしっかりとした施工を行っていたとしても防ぎようがないので、誘発目地と呼ばれるあらかじめ強度の低い箇所を設置し、あえてここにひび割れを発生させる方法もあります。

将来の漏水に備えるためには

コンクリート漏水は、どれだけしっかり施工を行ったとしても経年により必ず発生してしまう問題です。将来の漏水を防ぐための手段としては、「対策」と「都度修理」の2種類があります。所有する建物の状態により、最適な方法を選択しましょう。

1.クラックを事前に予想し、対策をしておく

漏水の被害や修理コストが甚大な被害をもたらすことが予想される場合には、あらかじめ防水を兼ねた防蝕措置などを講じておくことが必要です。コストはかかりますが、腐食による透水化や地震などの不測の事態に備えるには、この方法を選んでおくのが良いでしょう。

長期的な防水措置をお考えなら NP工法 がオススメです
2.都度修理を行う

施工がしっかりされた建物であれば、都度の止水工事を行う方が結果的に低費用となる場合もあります。予想される被害額や修理コストなどを計算し、適宜選択するようにしましょう。

主な止水工事の工法

止水工事の工法にはさまざまなものがあり、漏水の状況に合わせて適切なものを選ぶ必要があります。以下は主な止水工事の工法一覧です。

表面防水材塗布工法
漏水箇所Vカット止水材
埋め込み工法
将来の漏水に対して備えることができる。しかし、漏水がコンクリートから発生すると防水塗布材に水がたまり膨張してしまう。 漏水箇所をVの字にカットし、低圧縮強度の止水材を用いて保守を行う。長期的な止水には向かないので、漏水量が少ない場合に利用される。
導水管工法
漏水個所注入工法
漏水量が多い場合に用いられる工法。導水管を埋め込み、排水路へ導く。しかし、コンクリートの石灰成分が導水管内部に付着すると導水性は下がり漏水が再発する場合がある。 削孔穴を漏水箇所に設け、機械で注入剤を打ち込む工法。一般的にはアクリル樹脂やウレタン樹脂などが用いられる。無機系セメント材や高炉スラグ材が使用される場合もある。
背面注入工法
穴を躯体に開け、注入剤をコンクリート壁の内部に打ち込む工法。地下水の圧力によって注入剤が欠陥部に入り込むので、躯体に無理な力がかからないのが特徴。材料は微粒子高炉スラグ材を用いるのが適している。
PAGETOP