防水工事の用語集

防水工事の用語集をご紹介します

NP工法をオススメする「ワールドVAN」が、防水工事関連の用語をご紹介します。当サイト内でわからない用語があった場合は、こちらの一覧をご参照ください。また、用語集の中にわからない用語がない場合は、ご遠慮なく当社までご質問ください。

アクリルゴム系
防水層
一般的に、外壁の防水に使用される工法。「塗布工法」「吹き付け」といった工法があり、補強布は使用しない。
アスファルト系
防水工法
防水工法のひとつで、「熱工法」「トーチ工法」「常温工法」といった種類がある。熱工法などは複合防水工法の一種。
アルカリ骨材反応 骨材中とコンクリート中で化学反応が起こり、コンクリート内部で局地的な容積膨張が発生して、ひび割れや強度低下を引き起こすこと。
アスファルト
ルーフィング
アスファルトの防水シートを指す。
アルミコーピング アルミ製笠木を指し、陸屋根のパラペット上部へ取り付けるのが主な使用法。
ウレタンゴム系
防水工法
防水工法のひとつ。「塗布工法」(補強布を液状のウレタンゴムに挿入し塗りつける方法)、「吹き付け工法」(ウレタンゴムを液状の超速硬化型を吹き付ける方法)の2種類がある。
エチレン酢酸ビニル樹脂系防水層 エチレン酢酸ビニル樹脂系シートへ張り付けを行う湿式工法のこと。ポリマーセメントペーストを接着剤に使用する。
FRP系防水層 補強用ガラスマットをポリエステル樹脂に挿入・塗り付けを行う工法のこと。ウレタンゴム系防水材と複合する場合も多い。
塩化ビニル系
防水層
防水層のひとつで、塩化ビニル系シートをビスや金属プレートなどを用いて固定する工法と、接着剤で張り付けを行う工法の2種類がある。
オープンタイム 接着剤を塗りつけ、被着体が接合するまでの適切な時間範囲のこと。
屋上緑化 建物の温度上昇を抑える目的で、植物を建物の屋上で育てること。都市の気温上昇および地球温暖化の軽減する効果がある。
改修用ドレン 改修中に既存ドレンへ取り付けを行うドレンを指し、「鉛製」「FRP製」などがある。
カチオン系
モルタル
主に防水工事を行う際、下地調整に使用するモルタルのこと。イオン結合による付着力が高いことが特徴。
ガラスマット FRP防水の際に多く用いられるガラス繊維のこと。フェルト状に加工されているのが特徴。
機械的固定工法 シートを下地に固定させる際、専用の固定金具を使用する工法のこと。
クラック ひび割れのこと。
高圧洗浄 高圧洗浄機を使った洗浄方法。
合成ゴム系
防水層
防水層のひとつで、加硫ゴム系シートをビスや金属プレート等を用いて固定する工法と、接着剤で張り付けを行う工法との2種類がある。
ゴムアスファルト系防水層 防水層の一種で、ゴムアスファルトなどを専用の吹き付け機を用いて吹き付ける工法と、補強布を常温状態の液状のアスファルトに挿入し塗布する工法の2種類がある。
シート防水工法 作業現場において、あらかじめ膜状(シート)となっているものを貼り付ける工法のこと。
シーリング材 水密・気密性の確保を目的に、動きのある目地や隙間へ充填を行うための材料のこと。
シーリング防水 外壁部材の隙間にある目地および、その他建築部材の隙間へ詰める防水材のことで、シーリング工事と呼ばれる。
下地処理 下地表面を改良することで、良好な接着状態を目的に行われる。
湿式工法 水によって凝結、固結する材料を使用した工法のことで、「土」「漆喰」「モルタル」などを用いる。
常温工法 別名「冷工法」。常温状態のまま液状のアスファルトルーフィングを1~2枚ずつ交互に積層し、張り合わせを行う。
伸縮目地 一定区間ごとに設置された目地のことで、熱膨張などによる変形(温度伸縮、水分変化、外荷重など)によって生じる動きを緩和する目的がある。
絶縁工法 下地のひび割れ、ジョイントの動きによる防水層の破断を防ぐために、防水層と下地スラブの間を絶縁する工法のこと。
接着工法 ローラー転圧によって接着させる工法で、シートの裏面へ塗りつけた接着剤のオープンタイムを確認した後に行われる。
セメント系防水層 樹脂(アクリル樹脂、エチレン酢酸ビニル樹脂など)と水硬性粉体(セメントなど)を混ぜ合わせ、下地に塗布する工法のこと。
断熱工法 断熱材を躯体の外側へ配置する工法のこと。
通気緩衝工法 通気緩衝シートと組み合わせることで、下地の水分を脱気層内に分散し、脱気筒から外へ排出させる工法のこと。
トーチ工法 改質アスファルトルーフィングシートの裏側を、トーチバーナーを使用してあぶって溶かしながら張り付けを行う工法のこと。
トップコート 防水層の保護と美観付与を目的として、防水の最上層に塗りつけられる。
塗膜防水工法 液状の樹脂類を使用した、防水を目的とした工法のこと。
脱気筒 防水工事の際、通気緩衝工法(脱気工法)を用いる場合に使用する。下地の水分を脱気層内に分散し、脱気筒から外へ排出させることが目的。
熱工法 防水層の作成を目的として行う工法のこと。溶解アスファルトでアスファルトルーフィング類を2~4枚ずつ交互に積層する。
パラペット 「手すり壁」「胸壁」「扶壁」とも呼ばれる、陸屋根やバルコニーの周囲の立ち上がった壁を指す。防水工事の納まり上、重要な部分。
複合防水工法 膜状のものに対し、液状のものを用いることで隙間がないよう張り合わせる工法のこと。
プライマー 接着を良くすることを目的として、基材の上にあらかじめ塗りつける下塗り剤のこと。防水材・塗料・接着剤を塗布する際に用いられる。
ブリージング コンクリートの打設後に、練り混ぜ水の一部が表面に浮いてきてしまう現象。
防水層 雨水や地下水などが建造物に侵入するのを防ぐために設置される層のこと。
ポリオレフィン
系防水層
防水層のひとつで、ポリオレフィン系シートをビスや金属プレートなどで固定する工法と、接着剤を用いて張り付けを行う工法との2種類がある。
密着工法 防水層形成を目的に、プライマーを用いて下地へ全面的に接着させる工法のこと。
メンブレン防水 防水が必要な部位に対し不透水性の膜を施工する防水工事のこと。
陸屋根 傾斜がないフラットな屋根のこと。雨水処理用に少しだけ勾配があるのが特徴。鉄筋コンクリート造のビルなどに多く用いられる。
ルーフバルコニー 階下住居の屋根部分を利用したバルコニーのこと。マンションやビルに多く用いられる。ただし、階下住居にとっては屋根なので、排水ドレンの清掃などを行う場合は注意を要する。
レイタンス コンクリート表面へブリージングと共に浮き出てくる泥膜層のこと。ひび割れの原因となる場合が多い。
漏水点 漏水が起こっている場所のこと。
露出防水 防水層をむき出しにした防水方法のこと。コンクリート打ちやモルタル塗りを行わないのが特徴で、人の立ち寄らない屋根などで用いられる。
PAGETOP